Extra large     7

Icon recipe white 83d2e93abf3943dc4d43a68dfaf8f917ee9a524508681074a68a8ef4487a4536博多で必ず訪れたい観光スポットを巡る4時間レシピ!

博多のまちを観光する際に、必ず観光すべきスポットを集めた4時間の散策レシピです。 福博であい橋をスタートし、川端商店街、櫛田神社、東長寺、承天寺、博多千年門の順に、博多のまちを散策します。 地図を見ながら歩を進めると良いですが、大通りを歩くよりも裏路地など細い道を歩くと意外な発見があるかも! 私も裏路地で屋台の駐機場を見つけて写真に収めました!

  • 体験する
  • 観る(文化・歴史)
  • お土産
Large

たびレシピ編集部編集部

所要時間数時間
エリア博多
対象体験する, 観る(文化・歴史), お土産
交通徒歩
予算999円以下

作成日: 2015/07/24, 更新日: 2017/09/24

レシピは作成日・更新日時点の情報です

1日目

  • Icon theme walking line 9e915ca9212312d5b9472cd330d9917fa8dab1695632bd9b72911656fe834932

    福博であい橋

    Large       1

    那珂川を境に、東が商人の町博多、西が城下町福岡。2つの町が出会うという意味からこの名前がつけられた。夜は天神中央公園の「旧福岡県公会堂貴賓館」とともにライトアップされ、幻想的な景観を醸し出している。橋の上は公園になっており、ベンチに座ってのんびりできる。屋台も近くに有り。

    • 観る(文化・歴史)
    • 散策
    所在地福岡県福岡市中央区西中洲6
    Medium

    ここがポイント!

    城下町であった「福岡」と、商人の町「博多」が出会う場所という意味で名付けられた那珂川に架かる「福博であい橋」。 昔は城下町福岡と博多は那珂川を境に分かれており、唯一の接点はそのどちらにも区分されていない歓楽街のあった『中洲』だったそうです。 その中州に架けられ、福岡と博多が出会う場所として『福博であい橋』という名が付けられたと言われています。 福博であい橋を出たら、明治通りの「中洲川端駅」方面より川端商店街へ。

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】5分

  • Icon theme shopping line 6567df2c4764e3b5eca888c6f46759ef8ef36df555a53e20e0205e1fc287b27e

    博多川端商店街

    Large      1

    博多でもっとも歴史がある商店街。「イニミニマニモ」や「博多座」から、「キャナルシティ博多」、「櫛田神社」までをつなぐ約400mのアーケード通りには、約125店舗が軒を連ねている。商店街の中にあるイベント広場には、博多祇園山笠の飾り山も展示されて、金・土・日曜やイベント時には、川端ぜんざいも味わえる。夕方5時には、完売するため、早めに行くのがオススメ。また、博多人形や博多名物といった博多みやげ店をはじめ、山笠グッズを集めた店、玄界灘の幸や人気ラーメン店もあり、博多散策の定番コースだ。~よかなびより~

    • グルメ
    • ショッピング
    • 定番
    所在地福岡県福岡市博多区上川端6-135
    Medium

    ここがポイント!

    入り口の向かって左側に建てられた『川上音二郎』の銅像が目印です。 博多川端商店街はおよそ400メートルのアーケードに約120店舗の商店が軒を連ねており、博多商人の息づかいが感じられる、そんな商店街です。 商店街には『博多弁番付』が下がっていて、それを見ながら読みながらの散策もまた楽しみの一つ。 また、商店街の中には「川端ぜんざい広場」があり、年間を通じて山笠が展示されています。 土・日・祝日とイベント時には名物の「ぜんざい」をいただくことができます!

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】1分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    櫛田神社

    Large     1

    博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で広く市民から親しまれている神社。 祭神は大幡主命(櫛田宮)・天照皇大神(大神宮)・素盞嗚尊(祇園宮)。 天平宝字元年(757)、孝謙天皇の御代。 この櫛田神社は伊勢松坂の櫛田神社を勧進したものだと考えられ、 天正15年(1587年)の豊臣秀吉が博多復興にあたり、現在の社殿の建立寄進がなされた。 当社に奉納される博多祇園山笠は、博多の夏の風物詩として全国的にも有名。 境内には「櫛田の銀杏」が葉を繁らせ、その根元には2点の蒙古碇石がある。~よかなびより~

    • 観る(文化・歴史)
    • 学ぶ・見学
    所在地福岡県福岡市博多区上川端町1-41
    Medium

    ここがポイント!

    川端商店街に続き、こちらでも一年中展示をされている『飾り山』(山笠)を見ることができます。 また、櫛田神社の境内では、豊臣秀吉が進めた「町割」の際に復興の一つとして瓦礫の焼け石や瓦を土壁に塗りこんだ『博多塀』を見ることができます。 櫛田神社には文化的、歴史的に貴重なものが多くありますので、ご参拝を済ませたら隅々まで見て回るようにしましょう!

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】6分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    東長寺

    Large    1

    真言宗九州教団の本山で、山号は南岳山。本尊は弘法大師(空海)。 寺伝では大同元年(806)、唐から帰国した弘法大師が、密教東漸を祈ったと伝えられている。 弘法大師創建の寺としては日本最古で、当初は海辺の地にあったが、 福岡藩二代藩主・黒田忠之によって現在地へと移った。 墓地には二代・忠之、三代・光之、八代・治高の墓がある黒田家の菩提寺となり、 300石の寺領と山林15万坪の寄進がなされた。現在は市指定の史跡にもなっている。 寺蔵の千手観音菩薩は平安時代の作で、槙材一木に彫られている。 高さ87cmの小像であるにもかかわらず、重量感に満ちた仏像で、明治時代に国宝の指定を受けている。 ◆六角堂(ろっかくどう)◆ 輪蔵と覆屋からなる六角堂は形態的・機能的に優れた仏殿で、市指定の建造物。 天保13年(1842)に博多在住の豊後屋栄蔵(万歳楼袖彦)が、 名古屋以西の商人より財を募って名古屋の堂宮大工・伊藤平左衛門を招いて建立・寄進した。 中の六角形の厨子扉には、当時の文人・墨客の書画を蔵している。開帳は毎月28日。 ◆福岡大仏(ふくおかだいぶつ)◆ 昭和63年(1988)より彫刻が始まり、 4年の歳月を経て完成。高さ10.8m、重さ30t。 木造(檜)坐像では、日本一の大きさの大仏である。 16.1mの高さをもつ光背は7仏や13仏も彫られ、 後壁面には5000もの小仏が祀られている。 その横には宝物展示室もある。~よかなびより~

    • 観る(文化・歴史)
    所在地福岡県福岡市博多区御供所町2-4
    Medium

    ここがポイント!

    弘法大師空海が創建した寺としては最古の寺と言われています。 こちらでぜひ体験していただきたいのが「地獄極楽巡り」。 二階には木造坐像として日本一の大きさを誇る福岡大仏が鎮座しています。その大仏様の台座内で地獄極楽巡りを体験できます。 地獄絵図の描かれた暗闇を手摺りを頼りに出口まで進みます。その途中にある「仏の輪」に触れることができると極楽へいけると言われています。

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】4分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    承天寺

    Large    1

    臨済宗東福寺派で、山号は萬松山。開山は聖一国師(円爾弁円)によるもの。 仁治3年(1242)宋出身の貿易商・謝国明が創建し、寺蔵の釈迦三尊像(鎌倉期)、 禅家六祖像(鎌倉期)、銅鐘(高麗時代)は国の重要文化財に指定されている。 昭和50年(1975)、韓国の新安沖海底引揚げの沈没船から子院釣寂庵の銘のある木簡が発見され、 対外貿易への関与が証明された。 さらに、博多織の祖として伝えられる満田弥三右衛門の記念碑や、 延宝2年(1674)に博多の商家・谷宗理が桜井神社から買い取って、 承天寺に寄進・建立した鐘楼もある。 ◆◆◆饂飩蕎麦発祥之地の碑(うどんそばはっしょうのちのいしぶみ)◆◆◆ 承天寺開山の祖・聖一国師は嘉禎元年(1235)に宋へ渡り、艱難辛苦の末に禅の大法を修め、仁治2年(1241)に帰国。この時、仏法の教義以外にも、さまざまな宋の文化を我が国へ伝えた。その代表的なものが、うどん・そば・羊羹・饅頭などの製法である。 ◆◆◆博多山笠発祥之地の碑(はかたやまかさはっしょうのちのいしぶみ)◆◆◆ 博多祇園山笠は福岡市を代表する祭りで、現在は博多区の櫛田神社を中心に行われている。その起源には仁治2年(1241)博多に疫病が流行した時、国師が施餓鬼棚に乗り、それを棒で担がせて祈祷して廻り、病魔を退散させたことに由来するとの説がある。したがって、今日でも承天寺の門前に清道を設けて山笠が巡るのは、その言い伝えによるものとされている。 ~よかなびより~

    • 観る(文化・歴史)
    所在地福岡県福岡市博多区博多駅前1-29-9
    Medium

    ここがポイント!

    承天寺は様々な“発祥の地”として有名なお寺です。 『饂飩蕎麦発祥之地の碑』にあるように、承天寺開山の祖である聖一国師は大陸より帰国した際、教義だけではなく「うどん・そば・ようかん・まんじゅう」などの製法を広めました。 また『博多山笠発祥之地の碑』にあるように、現在の博多祇園山笠の起源は承天寺と言われ、現在でも祭りの際には承天寺の門前に清道を設けて山笠が巡っています。

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】1分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    博多千年門

    Large      1

    平成26年3月28日「博多千年門」が承天寺通りに完成しました。扁額には「萬年正續(まんねんしょうぞく)」と書かれており、これはかつて博多から中国に送った木材の御礼にと、中国の禅寺の住職が書いたもの。その意味は「千年も万年も長きにわたり栄えるように」との願いが込められているそうです。

    • 観る(文化・歴史)
    • 学ぶ・見学
    所在地福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目
    Medium

    ここがポイント!

    承天寺前の承天寺通りを博多駅方向に進むと、2014年(平成26年)に完成した『博多千年門』を見ることができます。 幅・高さ共に8メートルのヒノキ造りの立派な門は、博多の新名所として確立しつつあります。

  • a

    Medium       1

    Icon theme walking line 9e915ca9212312d5b9472cd330d9917fa8dab1695632bd9b72911656fe834932福博であい橋

    那珂川を境に、東が商人の町博多、西が城下町福岡。2つの町が出会うという意味からこの名前がつけられた。夜は天神中央公園の「旧福岡県公会堂貴賓館」とともにライトアップされ、幻想的な景観を醸し出している。橋の上は公園になっており、ベンチに座ってのんびりできる。屋台も近くに有り。

    所在地福岡県福岡市中央区西中洲6

  • b

    Medium      1

    Icon theme shopping line 6567df2c4764e3b5eca888c6f46759ef8ef36df555a53e20e0205e1fc287b27e博多川端商店街

    博多でもっとも歴史がある商店街。「イニミニマニモ」や「博多座」から、「キャナルシティ博多」、「櫛田神社」までをつなぐ約400mのアーケード通りには、約125店舗が軒を連ねている。商店街の中にあるイベント広場には、博多祇園山笠の飾り山も展示されて、金・土・日曜やイベント時には、川端ぜんざいも味わえる。夕方5時には、完売するため、早めに行くのがオススメ。また、博多人形や博多名物といった博多みやげ店をはじめ、山笠グッズを集めた店、玄界灘の幸や人気ラーメン店もあり、博多散策の定番コースだ。~よかなびより~

    所在地福岡県福岡市博多区上川端6-135

  • c

    Medium     1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743櫛田神社

    博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で広く市民から親しまれている神社。 祭神は大幡主命(櫛田宮)・天照皇大神(大神宮)・素盞嗚尊(祇園宮)。 天平宝字元年(757)、孝謙天皇の御代。 この櫛田神社は伊勢松坂の櫛田神社を勧進したものだと考えられ、 天正15年(1587年)の豊臣秀吉が博多復興にあたり、現在の社殿の建立寄進がなされた。 当社に奉納される博多祇園山笠は、博多の夏の風物詩として全国的にも有名。 境内には「櫛田の銀杏」が葉を繁らせ、その根元には2点の蒙古碇石がある。~よかなびより~

    所在地福岡県福岡市博多区上川端町1-41

  • d

    Medium    1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743東長寺

    真言宗九州教団の本山で、山号は南岳山。本尊は弘法大師(空海)。 寺伝では大同元年(806)、唐から帰国した弘法大師が、密教東漸を祈ったと伝えられている。 弘法大師創建の寺としては日本最古で、当初は海辺の地にあったが、 福岡藩二代藩主・黒田忠之によって現在地へと移った。 墓地には二代・忠之、三代・光之、八代・治高の墓がある黒田家の菩提寺となり、 300石の寺領と山林15万坪の寄進がなされた。現在は市指定の史跡にもなっている。 寺蔵の千手観音菩薩は平安時代の作で、槙材一木に彫られている。 高さ87cmの小像であるにもかかわらず、重量感に満ちた仏像で、明治時代に国宝の指定を受けている。 ◆六角堂(ろっかくどう)◆ 輪蔵と覆屋からなる六角堂は形態的・機能的に優れた仏殿で、市指定の建造物。 天保13年(1842)に博多在住の豊後屋栄蔵(万歳楼袖彦)が、 名古屋以西の商人より財を募って名古屋の堂宮大工・伊藤平左衛門を招いて建立・寄進した。 中の六角形の厨子扉には、当時の文人・墨客の書画を蔵している。開帳は毎月28日。 ◆福岡大仏(ふくおかだいぶつ)◆ 昭和63年(1988)より彫刻が始まり、 4年の歳月を経て完成。高さ10.8m、重さ30t。 木造(檜)坐像では、日本一の大きさの大仏である。 16.1mの高さをもつ光背は7仏や13仏も彫られ、 後壁面には5000もの小仏が祀られている。 その横には宝物展示室もある。~よかなびより~

    所在地福岡県福岡市博多区御供所町2-4

  • e

    Medium    1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743承天寺

    臨済宗東福寺派で、山号は萬松山。開山は聖一国師(円爾弁円)によるもの。 仁治3年(1242)宋出身の貿易商・謝国明が創建し、寺蔵の釈迦三尊像(鎌倉期)、 禅家六祖像(鎌倉期)、銅鐘(高麗時代)は国の重要文化財に指定されている。 昭和50年(1975)、韓国の新安沖海底引揚げの沈没船から子院釣寂庵の銘のある木簡が発見され、 対外貿易への関与が証明された。 さらに、博多織の祖として伝えられる満田弥三右衛門の記念碑や、 延宝2年(1674)に博多の商家・谷宗理が桜井神社から買い取って、 承天寺に寄進・建立した鐘楼もある。 ◆◆◆饂飩蕎麦発祥之地の碑(うどんそばはっしょうのちのいしぶみ)◆◆◆ 承天寺開山の祖・聖一国師は嘉禎元年(1235)に宋へ渡り、艱難辛苦の末に禅の大法を修め、仁治2年(1241)に帰国。この時、仏法の教義以外にも、さまざまな宋の文化を我が国へ伝えた。その代表的なものが、うどん・そば・羊羹・饅頭などの製法である。 ◆◆◆博多山笠発祥之地の碑(はかたやまかさはっしょうのちのいしぶみ)◆◆◆ 博多祇園山笠は福岡市を代表する祭りで、現在は博多区の櫛田神社を中心に行われている。その起源には仁治2年(1241)博多に疫病が流行した時、国師が施餓鬼棚に乗り、それを棒で担がせて祈祷して廻り、病魔を退散させたことに由来するとの説がある。したがって、今日でも承天寺の門前に清道を設けて山笠が巡るのは、その言い伝えによるものとされている。 ~よかなびより~

    所在地福岡県福岡市博多区博多駅前1-29-9

  • f

    Medium      1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743博多千年門

    平成26年3月28日「博多千年門」が承天寺通りに完成しました。扁額には「萬年正續(まんねんしょうぞく)」と書かれており、これはかつて博多から中国に送った木材の御礼にと、中国の禅寺の住職が書いたもの。その意味は「千年も万年も長きにわたり栄えるように」との願いが込められているそうです。

    所在地福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目

最近見たページ