Extra large       5

Icon recipe white 83d2e93abf3943dc4d43a68dfaf8f917ee9a524508681074a68a8ef4487a4536「太宰府天満宮」と「竈門神社」!大宰府周辺2大ご利益スポットを巡る4時間レシピ!

「学問・至誠・厄除けの神様」として広く知られる『太宰府天満宮』と、太宰府の鬼門の方角に位置する霊山「宝満山」のその麓にあり大宰府を護る、縁結びで有名な『竈門神社』の2大ご利益スポットを巡る4時間のレシピです。各社務所には、それぞれのご利益にあったお守りが色とりどり並びます。じっくり時間をかけてお土産のお守り選びを。 途中の『大宰府館』では、この地のことを学んだり、事前予約で名物『梅ヶ枝餅』手作り体験もできます。

  • 散策
Large

たびレシピ編集部編集部

所要時間数時間
エリア太宰府
対象散策
交通徒歩, コミュニティバス まほろば号
予算999円以下

作成日: 2015/07/27, 更新日: 2017/12/14

レシピは作成日・更新日時点の情報です

1日目

  • Medium

    ここがポイント!

    西鉄大宰府線の大宰府駅からスタート! 後ほど『竈門神社』に向かう際に、大宰府駅からコミュニティバス「まほろば号」に乗車しますので、事前に時刻表をチェックしておきましょう!

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】3分

  • Icon theme experience line d2937368ddf4f0fa8c84ef894ff383bf92dc5d1e00ec294bf2f5508dc5fa0aa3

    大宰府館

    Large     1

    太宰府のさまざまな観光資料を入手することができます。 1階は観光案内・物産展示コーナー・手作り作品の展示販売コーナー・太宰府ジオラマがあります。 太宰府ジオラマは太宰府の立体模型で、観光スポットや史跡の位置が確認でき、史跡解説員に太宰府の歴史について、あれこれ尋ねることができます。 2階の体験工房では「木うその絵付け体験」、「梅が枝餅焼体験」ができます。(要予約) 天満宮造営の際、蜂の大群が押し寄せたが、鷽の群れが飛来して退治したといわれ、それ以来、うそは天神様の使いとされています。2階には無料休憩スペースもあります。 3階のまほろばホールではさまざまな講演会などが行われ、太宰府発の文化を発信しています。

    • 観る(文化・歴史)
    • 体験する
    所在地福岡県太宰府市宰府3-2-3
    Medium

    ここがポイント!

    大宰府観光の情報拠点として、また、地域の方々と観光客のコミュニティの場として10年以上運営されている大宰府館。 1階では観光情報や史跡解説のコーナー、大宰府のジオラマも展示されています。 2階には休憩所のほか、事前予約で梅ヶ枝餅の手作り体験や木うその絵付け体験など体験コーナーも完備しています!

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】3分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    太宰府天満宮

    Large       1

    学問の神様「菅原道真公」を祀っており、受験合格や学業成就などを祈願する参拝者で、年中にぎわっている。「飛梅伝説」でも知られるように、境内には約6,000本もの梅が植わり、2月上旬から3月中旬になると、境内を艶やかに彩る。梅は「献梅」といって全国各地より天神さまに捧げられたもので、極早咲〜極遅咲まで約200種類もの品種があるとされている。  梅にちなんだ焼餅「梅ヶ枝餅」は有名な名物の甘味として知られており、参道を歩くと、数多くの店がにぎやかに建ち並ぶ。天神様に縁ある鳥「うそ」の人形を、紫蘇入りの牛皮と共に納めた「うその餅」、大宰府政庁跡より出土した「鬼瓦」を模した「鬼瓦もなか」など、由来ある縁起ものの土産ものが多く揃っている。~よかなびより~

    • 観る(文化・歴史)
    • 学ぶ・見学
    所在地福岡県太宰府市宰府4-7-1
    Medium

    ここがポイント!

    「学問・至誠・厄除けの神様」として広く知られる太宰府天満宮。 境内は、御神牛・太鼓橋・心字池・楼門・御本殿と見どころがありますが、その他にも「飛梅伝説」で有名な梅の木や包丁塚、筆塚、宝物殿などなど様々な見どころがあります。 詳しくご参拝をされたい方には、案内所にて無料のガイドがお願いできますので、是非無料ガイドに参加してみてください! 過去に修学旅行でご参拝をされた方など、リピーターの方には特にオススメです!

  • Icon t walk 1c22d9d4abdb1647909f37015c9b6f31e0a32bb076bf72359b7529ac81b7f504

    【移動手段】徒歩

    【所要時間】5分

  • Medium

    ここがポイント!

    大宰府駅よりコミュニティバス『まほろば号』で竈門神社へ向かいます。

  • Icon t bus 5a77eda4fc4e1991a0671265c46f27a5c32da34f67d653db448c43c5fd1c2931

    【移動手段】バス

    【所要時間】8分

  • Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743

    竈門神社

    Large     1

    古くから霊峰として信仰されてきた宝満山の麓に鎮座する神社。御祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)、応神天皇(おうじんてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)。天智天皇が天智天皇2年(663年)8月の白村江の戦いで敗れたことにより、天智天皇3年(664)に防衛のために水城を築いて大宰府を現在の都府楼跡地に移した際、鬼門にあたる宝満山に八百萬(やおろず)の神を祀ったのが創始とされる。麓にあるのは下宮で、山頂に上宮が鎮座。中腹には中宮があったが今は跡地だけが残る。上宮は天武天皇12年(683)、僧、心蓮が修行中、玉依姫が現われたことにより社を建てたのが始まり。現在は縁結びの神様として親しまれ、恋の願掛け絵馬が奉納され、恋する若い女性たちにも人気のスポットとなっている。宝満山登山の入り口にあるため、登山者もひっきりなしに訪れ、春の桜や秋の紅葉の名所としても知れ渡り、多くの人でにぎわう。

    • 観る(文化・歴史)
    所在地福岡県太宰府市内山883
    Medium

    ここがポイント!

    正式名称は「宝満宮竈門神社」といいます。 古来より「縁結び」「方除け」「厄除け」の神様として信仰されています。 主祭神の玉依姫命 (たまよりひめのみこと)は、そのお名前から、玉(魂)依(よる)と言われ、縁結びの神様となったようです。 「いちご守り」という果物のイチゴの形のお守り(一期一会の貴重な良縁に恵まれますようにと祈願されたお守り)を自分へのお土産にどうぞ!

  • a

    Medium     1

    Icon theme transportation line a22c4c650f7de250a6d4e175f9b781d5153738ce3377304019380e1a1a209c46大宰府駅

    西日本鉄道大宰府線 大宰府駅

    所在地福岡県太宰府市宰府二丁目

  • b

    Medium     1

    Icon theme experience line d2937368ddf4f0fa8c84ef894ff383bf92dc5d1e00ec294bf2f5508dc5fa0aa3大宰府館

    太宰府のさまざまな観光資料を入手することができます。 1階は観光案内・物産展示コーナー・手作り作品の展示販売コーナー・太宰府ジオラマがあります。 太宰府ジオラマは太宰府の立体模型で、観光スポットや史跡の位置が確認でき、史跡解説員に太宰府の歴史について、あれこれ尋ねることができます。 2階の体験工房では「木うその絵付け体験」、「梅が枝餅焼体験」ができます。(要予約) 天満宮造営の際、蜂の大群が押し寄せたが、鷽の群れが飛来して退治したといわれ、それ以来、うそは天神様の使いとされています。2階には無料休憩スペースもあります。 3階のまほろばホールではさまざまな講演会などが行われ、太宰府発の文化を発信しています。

    所在地福岡県太宰府市宰府3-2-3

  • c

    Medium       1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743太宰府天満宮

    学問の神様「菅原道真公」を祀っており、受験合格や学業成就などを祈願する参拝者で、年中にぎわっている。「飛梅伝説」でも知られるように、境内には約6,000本もの梅が植わり、2月上旬から3月中旬になると、境内を艶やかに彩る。梅は「献梅」といって全国各地より天神さまに捧げられたもので、極早咲〜極遅咲まで約200種類もの品種があるとされている。  梅にちなんだ焼餅「梅ヶ枝餅」は有名な名物の甘味として知られており、参道を歩くと、数多くの店がにぎやかに建ち並ぶ。天神様に縁ある鳥「うそ」の人形を、紫蘇入りの牛皮と共に納めた「うその餅」、大宰府政庁跡より出土した「鬼瓦」を模した「鬼瓦もなか」など、由来ある縁起ものの土産ものが多く揃っている。~よかなびより~

    所在地福岡県太宰府市宰府4-7-1

  • d

    Medium     1

    Icon theme viewing line bb56755211650c0e0e41d684c31caae24738bf890f07de1dbd8a4d8455e99743竈門神社

    古くから霊峰として信仰されてきた宝満山の麓に鎮座する神社。御祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)、応神天皇(おうじんてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)。天智天皇が天智天皇2年(663年)8月の白村江の戦いで敗れたことにより、天智天皇3年(664)に防衛のために水城を築いて大宰府を現在の都府楼跡地に移した際、鬼門にあたる宝満山に八百萬(やおろず)の神を祀ったのが創始とされる。麓にあるのは下宮で、山頂に上宮が鎮座。中腹には中宮があったが今は跡地だけが残る。上宮は天武天皇12年(683)、僧、心蓮が修行中、玉依姫が現われたことにより社を建てたのが始まり。現在は縁結びの神様として親しまれ、恋の願掛け絵馬が奉納され、恋する若い女性たちにも人気のスポットとなっている。宝満山登山の入り口にあるため、登山者もひっきりなしに訪れ、春の桜や秋の紅葉の名所としても知れ渡り、多くの人でにぎわう。

    所在地福岡県太宰府市内山883

最近見たページ